ホーム > ピックアップ > 円をエントリー

円をエントリー

初めて仕かける時という場合には、一番に下調べを横着してはいけません。

 

取引を行う前ならば出来事を客観的に見つめる事ができるゆとりがあります。

 

しかし、いったん相場の内側へ足を踏み入れるとどうあがいても考え方が客観性を欠くものになり、肝心な時にちゃんとした見方がわからなくなるリスクを負います。

 

だから己の頭の中が冷静なうちに、適切に準備が大事です。

 

その"準備"のためには始めに自分なりの台本を書くことからスタートする。

 

今からの相場は下がる(または上がる)から、円をエントリーするみたいに自分で考えた筋書きを書いていきます。

 

次に大事なのは日足チャートをチェックしましょう。

 

レートの上げ下げを見て、現在の相場を見ます。

 

そうすると、「今日は低すぎる状態になっている」とか、それとも「今となっては大勢の人が勝負しているこの先急にしかけてももうなすすべがない」などと分かってきます。

 

当然ですがすでに買い(または売り)するのが手遅れだなと感じたならば、何もしないで、そこは吹っ切ることが重要です。

 

どう工夫しても自身の筋書きを押し通して無理やり新規エントリーすると、市場に跳ね返されてしまいむしろ損失を被ることになる危険性があります。

 

もっともかなりの状況で、事前に準備している自分自身の物語を書いていると、取引が遅いという具合にはならないと考えます。

 

おそらく、現実に相場が動き出す前の状況のはずだからです。

 

その次に差し当って注文しようとする外貨ポジションの上下動を、じっくりと確認する事が不可欠です。

 

仮にドル高が進むだろうという台本を記したのであれば、ドル円の動きに気をつけておきます。

 

相場の変動を注意を払い始めた状態では、まだまだドルは明確に上げ下げする様子を見せることなく、わずかな動きを繰り返しているだけだろう。

 

だけど、その動きをじっと気をつけているとある地点で少しずつ、ドル高へと外国為替市場が動き始めてくる。

 

ここでようやく、ドルの注文をします。

 

ここまで慎重に準備をすればその売り買いで勝てる割合は割合高まるはずだ。

 


関連記事

  1. 知っていますか?ハウスクリーニングの万が一のときの補償制度

    洗剤の注意書きを読むと、色落ちしないか見えない部分でまず確かめてね、的なことが書...

  2. ローラが披露したココナッツオイルを使ったレシピ

    ココナッツオイルで調べると出てくるのがミランダカーとローラです。ミランダカーは何...

  3. 円をエントリー

    初めて仕かける時という場合には、一番に下調べを横着してはいけません。 &nbsp...

  4. 新しい男性を好きになって結婚が破綻

    私の友人は50代までに4回結婚しました。それぞれ前の結婚が破綻したのは、彼女が新...

  5. テスト

    テスト記事です。...