ホーム > 社会活動 > 負担になる

負担になる

「スプレッド」とは外為取引は通貨を売買の注文をして儲けを得る投資です。

 

トレードの値は、二十四時間変動しています。

 

それが為替レートです。

 

テレビを見ていると、ドルやユーロの情報が流れるケースがあります。

 

「マーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという事を示しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを表しています。

 

すなわち、取引には、買いと売りの2個の値が存在する事を示しています。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと提示している取引業者も存在しています。

 

通常は買値よりも売値が小さくなるものです。

 

実際に買値は高く、売値は安くなります。

 

この差をスプレッドといいFX業者の収入の一部になっています。

 

スプレッドの幅はFX業者によって変わります。

 

スプレッドの差は利用者にとって負担になるので小さい取引会社を選択したほうが有益です。

 

ただし、同じFX業者でも場面によってスプレッドの狭さは拡大したり、縮小したりします。

 

もしも通常時はドルと円のペアで1銭のスプレッドの広さだったとしても市場の上下動がかなり激しいときには大きくなる事があります。

 

そういう訳で、スプレッドの広さが狭いのと同じく、安定している事が重要です。

 

最近では固定したスプレッドの狭さを提示するFX取引会社もあります。

 

実際にFX業者の売り買い画面の中で現実の市場を見て確認しなければ判断できないのでやっかいですが重要な事です。

 

大事な資金を預けてエントリーをしますので、本物のエントリーの前に興味を持ったFX会社の取引するための口座開設を積極的にして、スプレッドの広さを実感しましょう。

 

同じ通貨の組合せその場面での状態によって、通貨ペアのスプレッドの差は変わることがあります。

 

一般的には、インターバンクで流動性の高い通貨の組合せではスプレッドの幅が小さくその他のペアではスプレッドが広くなる事が多いです。

 


関連記事

  1. 負担になる

    「スプレッド」とは外為取引は通貨を売買の注文をして儲けを得る投資です。 &nbs...

  2. テスト

    テスト記事です。...